行田市障害者差別解消条例の請願

0

    今年度、健翔会の加盟している行田市障害者ネットワークでは、行田市における障害者差別解消条例の制定に向けた請願書を議会への審議可決を目指して活動しています。

    去る、2020/9/11に行田市健康福祉常任委員会において全委員一致で可決し、本議会へ付託されました。

    私、渡辺はネットワークの会長職なのでこの委員会を傍聴しました。

    各委員、賛成討論でまとまりました。とても良かったです。

     

    来る、2020/9/25では本会議にて審議、可決される見通しです。

    そうなると、次は条例制定に向けた動きになります。

     

    条例の内容では、相談調整、あっせん等の窓口の設置、合理的配慮は「罰則規定の無い義務化」が必要です。そんなことを思いながら、先般の大地ツアーズの県農林公園の対応はお粗末でした。

    埼玉県にも条例がありますが、合理的配慮を「努力義務」にすると努力しないで義務を放棄するところが出てきて、中身のない条例になってしまうのです。

    行田市は埼玉県で3例目の施行年になるでしょう。

    もう少しの時間頑張ります。


    コメント
    コメントする