障がい者人権研修会 津久井やまゆり園殺傷事件の映画を見よう 報告

0

    7/25に行田市障がい者ネットワークの人権研修会で 津久井やまゆり園殺傷事件の映画「生きるのに理由はいるの?」を見ました。

    映画製作後に植松死刑囚の裁判が始まったので、映画に30分の裁判記録を付属させた延長バージョンを見ました。

    元々は津久井やまゆり園の職員だった植松死刑囚が重度障害者を「心失者」と呼び、抹殺しようと考え実行に至った映画です。

    どうしてそんなことになったのか?謎を解きたい気持ちです。

    いくつかの問題はありました。

    精神障害者の措置入院における医師の判断のこと

    警察と市町村の犯行予告に対する対応のこと

    殺された、けがを負った障害者の匿名のこと

    巨大な入所施設の存在のこと

    津久井やまゆり園での障害者の生活のありようについて

    職員のやる気のない姿勢について、、、

     

    誰かが何かの理由をつけて、人の命を奪う行為はあってはならない、ものだと思います。

    とすると、植松死刑囚の頭の中をのぞこうとするのは無理があります。

     

    19名の障害者が殺害されました。26名が重症です。

    この事件は、障害者自身や障害者支援制度、支援そのものに対する社会の「無関心」がきっかけのように思えます。

    障害者支援を広く知ってもらうこと。とても大事だと思います。

     


    コメント
    コメントする