ポテチの袋が要らないの?

0

    ネットサーフィンで見つけたネタが面白いので、思考を変えて皆さんにご案内します。

     

    ポテチ袋

    コンビニのレジにて、ポテチを買うお客さん

     

    お客さん:袋いらないです。

    スタッフ:あっ、わかりました。(えって顔をする)

    スタッフ:ポテチを袋から出そうと袋を開ける。

    お客さん:あっ、その袋は要ります。

    ポテチ

    袋違いなのでしょうか。レジで袋と言ったら「レジ袋」のことだろ!

    言葉通り=字義通り、KY(空気が読めない)のはASD(自閉症スペクトラム障害)の傾向がありますが、正しいのは袋を開けたスタッフですが、一言足りないですよね。

     

    スタッフ:ここで袋からポテチを出してもいいですか?(笑)  これが正解です。

     

    さて、私の知っている子どもが「セブンイレブンに行く!」といって言うことを聞かない。

    何が欲しいのか、何を買わされるのか、困るので連れていかない。

    どんどん欲求が強くなる。

    仕方がない、セブンイレブンに連れて行ってあげよう!

    子ども:(自動ドアが開くのが楽しい)こんにちは!(自動ドアが閉まるのが楽しい)

     

    ドアが開いたら「こんにちは」これがやりたかった!

     

    どうしても、私たちはセブンイレブンに挨拶に行きたいとは思わない。

    なにか勘ぐってしまう。

    袋が要らないというお客の要望に応えてあげたい、だから袋からポテチを出してあげる。

     

    私たちって、心がくすんでいるような気がしませんか?


    コメント
    コメントする