氷が解けると何になる?

0

    氷が解けると何になる?

    そりゃあ、当然「水」です。

    正解です!

    もう少し、ひねってみてください。何になりますかね!

    (答えはあとで教えます)

     

    私たちはサービス業です。なので、お客様との会話の中で使ってはいけない言葉あります。

    ご存じですか?

    ここに書いてしまうとノウハウが漏れてしまいますが、まあ、よいでしょう。

     

    Dで始まる言葉です。

    「ですから」(だからの丁寧語です)

    「だって」

    「でも」の3つです。

    私はこれらを「D言葉」と名づけ、お客様(家族やご利用者)との会話で封印するようにしています。

    ・「ですから」、、〈そんなこともわからないの?〉という「上から目線」の言葉です。

    ・「だって」、、、〈そんなことを言われても困る〉という「逃げ腰」「私のせいじゃない」責任逃れの言葉です。
    ・「でも」、、、、〈それは違うんじゃないの?〉という「反抗的な態度」「相手の考えを否定する」の言葉です。

     

    できるだけ、Dの言葉を使わないようにしていきましょうね。

    氷が解けるように、信頼のおける関係性を築いてほしいと思います。

     

     

    <答え>

    今冬は暖冬で氷が張る機会がほとんどありませんでしたが、いつもの年なら、「氷」が解けると「春になります」


    コメント
    コメントする