みんなの学校上映会と講演会を聞いてきました

0

    (これは書籍の案内です)

     

    8/6に伊勢崎市民プラザで伊勢崎市発達障害児者支援の会クローバー主催のみんなの学校の上映会と出演されてた大空小学校の校長先生の講演会があり、映画を見て、講演を聞いてきました。

    勉強になる楽しい1日になりました。

     

    偉そうに少し教えちゃいます。

    「みんなの学校」は大阪市立大空小学校の取り組みに対するドキュメンタリー映画です。

    教育=勉強と考えてしまいますが、この小学校はすべての子どもに「学びの場」を提供する、という理念だそうです。

    なので、障害のある子どもとのかかわりがすべて「学び」になっていました。

    障害のある子どもにとって難しいことを、友達が手助けするのは、走ることが遅い子を応援するのと同じようなことです。

    先生から教わるではなく「学ぶ」という姿勢が一貫して映し出されていました。

     

    最も印象に残ったのは、小学校を卒業して中学校あがった大空小学校のメンバーが、中学校で言われた言葉です。

    「お前らなんか生きる価値ないんとちゃうん?」

    「なんで思えらと一緒に勉強せないかんのや」

    これを聞いた大空小学校の卒業生は、小学校の校長先生に言います。

    「私たちは、こんなことを言う人はかわいそうだと思う」

    当たり前のようにいろいろな人がいて、一緒に生活することが、普通のはずなのに、わざわざ別にするのは、単に偏見を生むもとを教育者が作っている。

     

    「生きる価値がない」と言った中学生。この中学生に「障害者は生きる価値がない」と教えたのも「先生、学校」

    この中学生は「(本当のことを知らないのは)かわいそう」と言わせる大空小学校の卒業生を育てたのも「先生、学校」

    少しずつですが、世の中が変わってきているように思えました。


    コメント
    大空小学校の取り組みが全国の学校に広がってゆくことを願います。
    大人の社会も大空小学校みたいになってゆくと良いなぁ…と思います。
    いろいろな人がいるから、いろいろな学びができると思います。いろいろな人がいるから、楽しい。いろいろな人がいないと、困るし、世の中がダメになってしまう。
    出生前診断を気にしないで、安心して出産できたら…。
    「みんなの学校」は以前、深谷シネマで上映していました。観たいなぁと思っていたら、終了してしまいました。残念でした。
    又、機会があったら是非、観ようと思います。
    • なおみの母
    • 2016/08/12 9:08 PM
    映画は面白かったですよ。親の会等の主催で上映会のチャンスがあればいいですね。ただ、映画になるだけあって特殊性は感じました。
    インクルーシブと言う発想について主催者に質問したら、当たり前すぎてそもそも言葉にするようなことではないような話でした。
    • マネジャー
    • 2016/08/15 9:51 AM
    そうですね。上映会が出来たら良いですね。
    障がいのある人と障がいのない人が同じ場で共に学ぶ考え方は、とっても良いと思いますが…。

    私の娘は小学校6年間、地域の小学校の特別支援学級で過ごしました。音楽や図工などは、親学級へ行ったりしました。楽しい思い出もたくさんありますが、学校行事や毎日のことも障がいのない子について行かなくちゃ、頑張らなくちゃという感じの日々でした。中学から支援学校に行ってそれに気付きました。娘自身、言葉が話せないので娘の本当の気持ちはわかりませんが、親の方は支援学校の方が緊張なく安心して楽しく毎日を過ごせると思いました。
    でも、保育園、小学校で娘と一緒に過ごした障がいのない子たちと年賀状のやり取りが続いていたり、スーパーや街や病院で娘を見かけると、気軽に声を掛けてくれたり。障がいのある娘自身よりも、娘と関わってくれた障がいのない子たちの心の中に何かが残っている様な気がします。
    娘が小学2年生の時、娘を見た1年生の女の子が私に「ねぇ〜、この子しんしょう?」と聞いて来ました。その女の子が娘が背負っているランドセルをひっぱったりしたので、私はその女の子に「あなたには、ランドセルを背負うことは、大変じゃないかもしれないけど、この子は、筋肉が柔らかいからランドセルが象さんぐらいの重さに感じるの。だからひっぱったりしないでね」って、言いました。そしたらその女の子が「そっか〜、この子頑張ってるんだね。私には象さんは背負えないもの。エライね」って言ったのです。私はその女の子の言った言葉に感動して涙があふれました。それからその女の子は、娘を見かける度に他のお友達にも「この子のランドセルは、象さんの重さと同じだから、ひっぱっらないでね‼」って言っていました。
    今でも忘れられない思い出です。
    • なおみの母
    • 2016/08/17 11:19 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック