平成最後の年度末

0

    平成最後の年度末です。

    事業活動、法人運営、職員個人は自己分析と課題の整理、考察など意外にやることが多いです。

    連日遅くまで勤務されている職員の皆さんに、御礼と感謝、そして健康管理しっかりね、と話しています。

    昨夜も大地の電気がついていました。夜の10時です。

    電気の消し忘れ?と思って事業所を訪ねると、、、職員が残業していました。本当にありがたいです。

    こっそり侵入した渡辺を不審者扱いしたことも「良いこと」です。怒っていませんよ。

    警察に通報しても良かったかも。身の安全も必要です。

    幽霊ではなくて、生きた人間だったのでよかったですよね。

     

    にじいろの職員も連日遅くまで業務に携わっています。

    月曜日(3/25)に仕事を終えて市役所前を通ったら、普段は消えている市役所の電気がついている、学校もついている、、、

    自分たちだけが年度末の仕事をしているわけではないと、ちょっと安心した、と話していました。

     

    4/1の昼には新元号の発表もあります。

    平成の年度末で頑張れるのも数日。もうひと踏ん張りです。

     

    ご苦労さん会でもやりましょー


    健翔会カレンダー 間もなく完成します!!

    0

      健翔会カレンダー2016が間もなく完成します。
      昨年のカレンダーはこんな感じの10月でした。
      今年のカレンダーは・・・
      是非お買い上げ願います。
      1部1080円+100円で日本国内郵送できます。
       
      ※お問い合わせ、カレンダー購入は各事業所へご連絡ください。

      2015年04月1日のつぶやき

      0
        16:49
        今日は4月1日。 健翔会にも新入社員が入社しました。 小林詩織です。 皆さんいろいろご指導をよろしくお願い致します。 http://t.co/MLIsyJM7GY

        2015年03月20日のつぶやき

        0
          10:08
          娘中3の卒業式は無事終わりました。 ただ、卒業式後のお別れ会(先生方が企画運営してくれました)で、担任の先生への花束贈呈の時に、ようやく「これはお楽しみ会ではない、お別れ会だ!」と気が付いたようで、突然大泣きしてしましました。明るくお別れしたかったですよね、先生ごめんなさいね。
          20:44
          埼玉県の障害福祉サービス事業者管理者等会議が開催されました。 2,000人収容の会場がいっぱいになりそうです。 財務省に対する厚労省の障害福祉の回答は±0回答。 でもサービスによっては増額もあります。 資料をこれから読み込みます。 http://t.co/vlVBd47uJK

          障害福祉サービスの報酬改定を読む

          0
            既にご覧になった方もいらっしゃるとおもいますが、去る2/12に厚労省障害福祉の報酬改定検討チームによる報酬改定の委員会が開催され、厚労省案で可決されたという報告書が届きました。

            障害福祉の予算はプラスマイナス0
            でも、サービスによって増減はありました。
            健翔会の麦の穂、大地の生活介護サービスは、、、、
            全体からすると、B型作業所の減額幅の3倍という予算捻出のために相当減額された感じです。
            そのほかサービスもおおよそ減額されていましたが、入所を含む「住む」というカテゴリーは増額していました。
            また、専門性に特化したサービスも増額。

            これから3年間の障害福祉サービスのキーワードは「住む」そして「専門性」ということでしょうね。

            楽しくて面白い仕事です

            0
              麦の穂の正社員を募集しています。
              経験者のみの募集です。
              サービス管理責任者として、運営の中核になっていただける方を募集しています。
              募集
              健翔会HPのリクルートに募集要項を掲示しました。
              ご覧になってください。
              一緒に事業所を作っていきましょう!
              楽しくて面白い仕事があなたを待っています。

              お盆中も営業する施設!

              0
                健翔会の麦の穂・大地両施設ともお盆中も通常通り営業しています。
                これは、生活介護というサービスの特性上必要であると思われるからです。

                ご承知の通り、知的障害の中でも自閉的傾向のある障害者は環境の変化の対応が苦手です。
                スケジュールの変更や臨機応変、会場移動、自分の行動スケジュールを決めて活動することが多いので、突然変わるとその変化に対応できにくい特徴があります。
                新しい利用者、職員は慣れるまでに時間がかかります。

                月曜日から金曜日までの5日間は活動する日
                土日は家で過ごす日、、、、分かりやすいスケジュールです。
                なので、生活介護というサービスの特性上、お盆、GW、祝日も健翔会の生活介護は営業しています。
                もし、祝日に休む場合は、事前に家族で行動スケジュールを決めて対応する必要があります。
                「明日は振替休日なので休みです!」は通じないということです。
                もちろん全員そのような障害があるわけではありませんが。

                お盆も営業することについて、ご利用者のご家族から、励ましのお手紙や御礼の言葉をいただいています。
                正直、これがあると、調整して出勤している職員の「気持ち」が「鼓舞」されます。
                渡辺がよくやった、という言葉より100倍以上うれしいと思います。

                働くとは「誰かの役に立つということ!」 この意義を失うと単なる金稼ぎになっちゃいますよ。

                台風対応

                0
                  巨大で勢力の大きい台風8号による影響で、南から湿った風が梅雨前線を刺激、長野県南木曽町では土石流が発生死傷者が出てしまいました。
                  という情報をもとに、台風の動きを注視すると、本日早朝に関東付近を通過するとのこと。
                  朝の送迎の時間、施設の開所時間をどうするか?
                  ということで、朝7時に判断した結果を連絡しようと、朝4時から起きていましたが、、、、すごく静かで困ってしまいました。
                  まったく台風の接近している感じがしないのです。
                  で、6時には大丈夫と判断し、7時前に職員へ通常営業する旨を連絡しました。
                  まあ、ちょっと期待はずれな感じでした。
                  風が強くて、雨も降っていて、さてどうする?を期待したのですがね。

                  話は変わって、ベネッセの個人情報集出問題、原田社長兼会長の謝罪会見、さすがと思いました。
                  そりゃ、情報の流出は問題ですが、「顧客に謝って済む問題ではない。いま行わなくていけないのは、個人情報を利用させないこととその回収だ!」
                  その通りです。
                  マックの社長時代もすごい人だな、と思いましたが。

                  当事者が不在なのでは?

                  0

                    渡辺です。健翔会の統括マネジャーをしています。
                    昨日、子どもと妻とで羽生市の福祉健康祭に行ってきました。
                    羽生市民福祉健康祭
                    行田市は「ふれあい福祉健康祭」というお祭りの名称なので、当然、健常者と障害者・高齢者がお祭りを通してコミュニケを図り、お互いのことを知るというイベントです。
                    お隣の羽生市はちょっとタイトルが違いますが同じものなのかな?と思って初めて出かけてみました。
                    旧ジャスコの市民プラザ、大盛況です。40ブース以上の出展がありました。
                    高齢者の健康増進のためクイズゲームをしている高齢者事業所もありました。
                    面白いですね。
                    羽生ふじ高校のパンは素晴らしいし、不動岡誠和高校は高齢者に肩もみブースで出展していました。

                    でも、障害当事者の姿がほとんど見えません。
                    折角の福祉健康祭ですから、障害のことを知ってもらためにも、当事者が必要だと思います。
                    大きな声で騒ぐ、走るでもいいと思うのです。

                    そんな中で、色えんぴつ(羽生の生活介護事業所)のご利用者とスタッフが数名お祭りを楽しんでいました。これが必要なんですよね。
                    人が多いお祭りで障害者を介助するのは大変ですが、「よくやった」と褒めたい気持ちでした。


                    台風対応マニュアルの完成に向けて

                    0

                       台風26号は10年に1度の大きな台風ということで、昨日より、施設の周辺の整理をはじめ、今日の開所に向けた対策など、検討・対策を図ってきました。
                      健翔会の作成している「危機管理マニュアル」にも「台風」という項目があり、昨日読み返していました。すると、送迎など車を運転する項目がないことに気が付きました。

                      そう、マニュアルはこうして作られていくのです。

                      現実に起こらない災害について、どんなマニュアルを書いても無駄です。
                      今まさに接している台風、この時に危険を感じ、怖いと思い、ではどうすれば安全が守られるのかを考える重要な時間、唯一のチャンスです。
                      台風
                      (10/16開所判断した直後の写真)

                      今朝6時開所判断をした際には、施設の周囲を確認し、開所に問題はないこと、安全であることは確認できました。あとは、送迎をどうするか?という問題です。
                      そこで、台風・暴風雨時の送迎対応マニュアル(案)を作成し、各事業所にファクシミリで送り、注意を促し、送迎に出発してもらいました。
                      また、送迎担当職員より危険個所や危険な状態、ヒアリハットを聴取し、さらにマニュアルをブラッシュアップしていきます。

                      マニュアルを作るのはとても難しい。
                      今回の台風でさらに痛感しました。


                      | 1/3PAGES | >>